校長室から

                 私は、ヨハネスブルグ日本人学校の緒方和幸と申します。これから本校の概要を紹介します。

                 本校は「1に安全、2に教育、3に信頼」のキーワードをもとに、「夢と勇気と元気をもって、作ろう楽しい学校」を

                 めざし、「あいさつが元気、えがおが元気、こころが元気」を子どもと先生の合言葉に教育活動を進めています。

                 このヨハネスブルグ日本人学校の魅力に触れていただき、ぜひ入学してみたい、ここで学んでみたいと感じていただけたら

                 最高に幸せです。私は、2019年(平成31年)4月に着任しました。今年が1年目となります。青い空と緑あふれる

                 大地、そして、燦燦と輝く太陽にすがすがしい空気、さらに、新鮮な野菜にリーズナブルな肉とワイン、素晴らしい地に

派遣して頂き、感謝しながら、ヨハネスブルグでの生活を過ごしています。アフリカ大陸最南端の国、南アフリカ共和国。ヨハネスブルグは「ジョバーグ」とも

呼ばれる街で、標高1700mの高地にあり、南アフリカ経済の中心都市です。ヨハネスブルグ日本人学校は、ヨハネスブルグのエマレンシア地区と呼ばれる

地域にあります。周囲は緑に囲まれ、静かな住宅地の一角にあります。エマレンシアダムやヨハネスブルグ植物園や動物園も、車で5~15分ほどのところに

あります。昭和41年8月に、「グリーンサイド地区」の民家を借りて開校され、今年で開校53年目を迎える、歴史豊かな学校です。

2019年4月11日現在の児童生徒数は、小学部28名・中学部11名、合計39名です。小規模校ではありますが、子どもたちは毎日楽しく元気に学校生活

を送っています。本校には普通教室や特別教室の他に、全面芝生に覆われた広いグラウンド、体育館、25mプール、テニスコートなどの施設が整っています。

校舎の前庭には、木製のアスレチック遊具があり、休み時間になると子どもたちが元気に遊ぶ姿が見られます。私たち教職員は、常に子どもたちの目線で考え、

子どもたちに最大の愛情を注いでいきます。社会人として自立していくためには、「当たり前のことを当たり前に」きちんとできる人間に育てていきたいと

考えます。そのために私たちは、子どもたちの頑張りをしっかり認め、褒め、励ましながら、指導すべきことはきちんと指導していきます。豊かな心と確かな

学力、そしてたくましい心身の育成をめざして、全スタッフが一丸となって頑張っています。

 時代は、平成から令和と変わり、新たな時代になりました。ヨハネスブルグ日本人学校もこれからさらに、在南ア日本国大使館、南ア日本人会、学校運営委員

会、そして家庭との連携を深め、新しい時代に即した日本人学校を目指して邁進していきます。これからも、学校や学級の具体的な取組、学校での子どもたちの

学習や生活の様子、様々な行事の取組などについて、学校だよりや学級通信、各種お知らせ等での情報提供に加え、さらにこのホームページを活用し、分かり

やすい情報を発信し、親しみやすい学校となるよう努めてまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。